消しゴムはんこの彫り方

ポン豆ヤブログ

個展のために、毎日3個ずつハンコを彫る、というのを1月、2月の目標にしていますが、早くも2個、1個…と減りつつあります。

今朝彫ったハンコがなかなか苦労しましたので、その様子をまとめてみました。

試し押し見ながら、どこを、何考えながら彫ってたんだっけ…と思い出すのは彫った直後でないと忘れるので貴重です。というか時間が立つと細かい部分はほとんど違いが分からないです。結局その時、その時の自己満足で彫っているんだなあ、ということがよく分かりました。あと、最初の粗彫りをどんだけ粗くしとくかにもよるのかな。消しゴムはんこは柔らかいので最初からかなり細かく彫れるので、本当に粗いなあ、という粗彫りはなかなかできないです。写した線も一回試し押すたびに消えていくので、なるべく最初に出したい線を思い描きながら彫ることが肝要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中