はちみせで取り扱いが始まりました

11月27日から土屋遊さんがやってる「はちみせ」というwebshopで作品の取り扱いが始まりました。

https://83s.shop/

ポン豆ヤ作品の紹介ページ→

土屋さんとは私が10代の頃からのお付き合いで2009年には一緒にヤンキーをやったりしました→#ぶらり荒川ヤンキーの旅(黒いヨガパンツでヤンキーをやっているのが私です)

まるで親戚の人みたいな感覚なので、改めて作品について丁寧に紹介してもらうと照れ臭いような気持ちになりましたが、とても嬉しいです。

ほかにもイスクラさんの本とかイカタコ本とかなまはげの栓抜きとか編みタコのオブジェとか雑多でかわいくておしゃれでちょっと変わった一品がいろいろ。ポン豆ヤ好きな方は好きなものが見つかると思われますのでぜひ遊びに行ってみてください。

土屋さんありがとうございます!

IMG_7684

カレンダーの通販始めます

遅いくらいですが、2020カレンダーの通販始めます。

ポン豆ヤ商店からどうぞ

2020カレンダー(コピー版)

2020木版画カレンダー(原画・マット付き)

半年間、版画教室で学びつつ制作した木版画とリトグラフで作りました。出来はまだまだですが、色々挑戦しながら制作しました。

コピー版の方についている表紙の切り株は木版で一枚一枚刷っています。この表紙、思いつきで1時間くらいで彫って刷って作ったのですが、前はできなかった重ね刷りや木目の出し方が自然と身についていることに驚き嬉しくなりました。
こうなりたかったんだよ〜(涙)となりました。

木版画カレンダーの方は何枚か販売できる出来のものがあるので、もし売り切れたとしても追加できると思いますので、またショップを覗いてみてください。

 

カレンダー、次作るときは文字の部分は別で…。絶対に別で作ろう!と思います。
彫るのはなんとかできても、刷りで文字に見えるようにならないことが多く、苦労しました。
途中からリトグラフという版画手法で刷れば、彫るよりもずっと楽だし文字も読みやすい、と気づいてそっちに移行しました。1−2月、9−10月、11−12月は文字がリトグラフになっています。特に、9−10月は文字と人物、影などもリトグラフで表現しているのでその辺もお楽しみいただけたらと思います。版はダーマトグラフというクレヨンのようなもので描画して作っているので、その質感が出ていると思います。
リトグラフといえば、自分の中での憧れの作家さんはみやこしあきこさんなのですが、自分で版を作ってみて、改めて「偉業だ…」と感じました。
あとicinoriさんというフランスの版画制作ユニットの方がいて、この方々もリトグラフで作られているそうです。シルクスクリーンや銅版画など、色々な技法でも作ってらっしゃいますが。かっこよくて大好きです。
今年、日本で行われた展示に行った時の様子↓

View this post on Instagram

幡ヶ谷のパールショップギャラリーで、#icinori さんの展示を観てきました。 彼らの「ISSUN BÔSHI」という絵本を数年前にタコシェで購入してから矯めつ眇めつしていて大好きな作家さんなので、展示が観れるなんて嬉しくてコーフンしました。 今年の展示の「まめ太郎と猫」も、棚に飾ってある彼らの絵本を見て思いついたものです。 「ISSUN BÔSHI」のジクレー版画も販売されていて、絵本とはまた違う味わいで購入してしまいました。むかーし作品展で使った額に入れて玄関に飾ってます。 テンション上がる! 嬉しいよ〜〜 ルイヴィトンに売っているというトラベルブック(展示会場では売り切れていました)も近々買いに行きたいです。 ルイヴィトン、入ったことない… それにしても初めて幡ヶ谷に行きましたが、とてもいい雰囲気の町で、住みたくなりました。都会の下町感。 #888books #版画

A post shared by ポン豆ヤ (@penpehe) on

カレンダー展始まりました

カレンダー展始まりました!

本日から高円寺ノラや @kouenjinorayaさんで始まったカレンダー展に出展してます。 半年がかりで作ってた習作木版カレンダーを展示販売させてもらってます。卓上タイプのレーザープリント版も作りました。原画を見せれるのはここだけになりそうなので、お近くの方はぜひ!

2020カレンダー展 
会期:11月17日(日) 〜12月14日(土)
場所Kitchen Bar ノラや kitchenbar.noraya.jp 
営業時間:17:30〜25:00
住所:東京都杉並区高円寺南3-69-1 
TEL:03-3310-2020

カレンダー作りの苦労話などはこちら→11/18の日記

キッチンバーノラやさんはお手軽に飲める気安い飲み屋さんです。
高円寺のガード下でありつつ、ガード下の店とかは緊張するタイプの人(私)でも居心地良いお店。
「もつ餃子」というメニューが新たにあって会期中に絶対食べに来ようと思いました。
ビールに合うおつまみとのこと。
こけしのペンたてかわいいです。

搬入終わり、駅に向かって歩いてたらむげん堂が無くなっててショック…。
ここもどんどん変わっていくんだなあ、と思った帰り道でした。

秋旅2019

毎年恒例の秋旅へ行っていました。
旅行へ行くと早寝早起きすることになるので、必然的に体がリセットされます。
帰ってきてからもなんとか7時起き23時就寝が叶っています。続けたい!

旅先から毎日インスタグラムで日記をアップしてました。

最近日々の出来事をスタンプ風にまとめてみる絵日記をやっています。

よかったらみてください!

View this post on Instagram

昨日は、#遊山ゲストハウス をチェックアウトした後、荷物を置かせてもらい、朝から志賀直哉旧居へ行ってみた。尾道とは違って部屋が20個近くある大豪邸であった。楽しかった。窓から見える景色が絵のよう🖼。茶室の茅葺き屋根のコケに花が付いていた。誰もいなかったので貸切だった。 近くの駐車場に「奇跡の楽園奈良公園」という記述があって良かった。ほんとに奇跡。 12時にご飯を食べる約束があったので、それまでにならまちをブラつくことにした。 通りかかった履物屋さんで、草履を買う。着物に合わせる履物が無く、ずっと探してたので買ってしまった。歩きやすそうだから嬉しい。 そのあと、風の栖で3ヶ月に一回のマルシェをやってて、美味しそうなパン(#おへそパン )を新幹線での晩御飯用に買う。 昨夜、買いすぎたお土産などを箱に入れて自宅に送ったところなのに、重いものをまた買ってしまった…と反省しつつも後悔はない。 その後 「だんだん」さんで蕎麦。四角豆?みたいな名前の天ぷらを初めて食べた。とても美味しかった。カボチャの天ぷらも分厚い、のに柔らかい。すごい。 奈良と京都のスタバをハシゴし(駅前でちょっと話すとなるとスタバしか見つからないのだった)新幹線で帰宅。 途中、掛川駅でラグビーの試合をみた人たちがたくさん乗ってきた。 驚いたのは皆さん軽装で、手ぶらだったこと。 自分は新幹線で出かけるなんて大ごとだが、ラグビーファンの人たちにとっては山手線みたいなものなんだなと思ったら。旅の終わりの寂しさが少し和らいだ。 #日記スタンプ #奈良 #志賀直哉旧居

A post shared by ポン豆ヤ (@penpehe) on

コミティア129!

ながらく更新しておりませんでしたが、木版画彫ったり、コミティアに参加したりしておりました!

コミティアでは「夏の家」というおばあちゃんの家の想い出を描いたイラストと文章をまとめたカード集を販売いたしました。

現地で気に入ってくださった方、ありがとうございます!

イベント前に更新しないとかHPのブログであり得ませんね…。SNSに頼り過ぎてるなあ、と反省しております。

夏の家はこんな感じの出来栄えです。

webショップで販売も始めましたので気になっていた方はぜひご利用ください!

ポン豆ヤ商店「夏の家」

はんこっぽさb

cropped-rogo2_mame-1.jpg

HPのトップページにヘッダーをつけてみました。
見やすいですね。
この画像、iPadとパソコンだけではんこっぽくしてみました。
ほんの出来心でやったのですが、好きな感じになって嬉しかったので使いました。
実際に彫ったはんこもスキャンすると結構はんこっぽさがなくなったりするので、加工してみたりします。印刷に使われる時なんか、実際に彫ってるかどうかよりも、「ぽさ」がどれだけ感じれるか、の方が大事なのかなーと思ったりします。
実際に彫ったものよりも上回る「ぽさ」が出ると切なくなりますが…。

青っぽい方が彫ったもの、黒い方がそれを加工したものです。こうしてみると、黒いほうは「使い古したはんこ」もしくは「古い印刷物」と言った感じですね。インクだまりのようなものができて、ぽい。見た感じがスッキリしてるか、暖かみがあるかの違い、なのかな。どっちも好きです。暖かみをパソコンで出すのはまだ難しいです。

さて、8月にコミティアに出ます!
今から何を作るか考えます。
漫画もかきたいけどなー。うーん。
久しぶりの参加なので楽しみです!

七緒にイラスト掲載中です

6月7日発売の『七緒 vol.58 2019夏号』の〈へちま自由研究〉のコーナーのイラストを担当しました。オール消しゴム版画で珍しくカラフル。

版画らしさを活かすことができて楽しいお仕事でした。

書店で見かけたらぜひ。

他のページもイラスト多数で楽しい。夏着物着たくなりました。

プレジデント社のサイトはこちらをクリック!↓

七緒58号

現在最新号なので、ここではへちまコーナー立ち読みできるみたいです↓

七緒 最新号

多色刷り

 

INUIMG_5018秋田犬彫りました。下が版です。

 

多色刷りの正しいやり方を木版画で学んだり、回数重ねて多色刷りの版を作ることに抵抗が無くなったので、自然と作れました。
版をきっちり検討あわせて作ればこんなに綺麗に簡単に刷れました。
いままで刷るときに苦労してたことは何だったんだ!と思いました。
版の下にあるくりぬかれた紙は色つけ用のガードの紙です。
塗りたい色のところだけくり抜いておけば、あら不思議。おんなじ版で簡単に色の塗り分けができます。
これが本当に楽で…。考えてみりゃ単純なことですが、こういう知恵を授かれて、教室ほんとにありがたいです。かくれんぼ博士の時とかほんとに塗り分けが大変だった…

調子に乗ってどんどん作った!

というか、こちらは今いただいている雑誌のカットのお仕事のものです。
本当はカラーはデジタルで制作して版画っぽい加工をして納品予定だったのですが…。試しに作ってみたらこの版わけで彫ること、刷ることにがつんとハマってしまって。GW、ただただひたすら彫って刷っての毎日でした。版わけを考える時が一番頭使う作業で、これは今まではんこ彫ってた時には考えなかったところなので新鮮で、うまく分けられるとスカッとします。
そんなわけで、時間があればゴム版画フルカラー7カット、4日で作れることが証明されました。
でも腰が、首が、目が、手首が、だいぶやられたので、毎日はちょっと無理かな。

というわけで、体を癒すため、明日からのGW最後の二日間は熱海に行くことにしました!

楽しみです。

夏の生首

↓一番左上の画像をクリックしたあと、右にスライドしていくと続きが読めます。

『夏の生首』  2013/8

夏っぽい話が描きたくなって思いつきで描きました。
BLっぽいと指摘を受けました。やぶさかでないです。