入稿しました

「遊覧記念2」まであと、2週間!という本日、年末から彫りに彫ったハンコ150個が結集した本の入稿が終わりました。やったー!祝杯だー!

前回、かなり文章が短めで、「読みやすい」とご好評だったのですが、今回は文章が多く、60pになってしまいました。(前回の文章あるところは44p)
かなり割愛しても、このボリューム感になってしまい、なんでだろう。
たぶん、記憶が新しい旅の記録なので、書きたいことが多いのかなと思います。
印刷代も昨今の紙不足のあおりもあり、予想以上のお値段でしたので、ちょっと前回よりはお値段が上がってしまいそうです。

無くなっていた前回の遊覧記念も再刷いたしましたので、販売いたします!
多分、今回と比べると繊細な印象かも。今回は数を彫りたかったので、かなり荒々しい感じです。
木版をやってみて、やっぱり版画は「線よりも面の形なのでは」とか、「手書きの線やデジタルの線とは違う荒々しさが魅力なのでは」とか思うことがあり、勢いのままに彫った作品群になってます。

そして明日からは、木版彫り、刷り、をやって展示用作品をつくる予定です。
できるかな〜。初めての試みを二つ、やってみる予定です。紙がないから失敗できないのが心配ですが…。まあなんとかなるかな!気楽に構えて、作ります〜。

DMも完成しました。明日発送予定なので、週末ごろまでには到着するかと思われます。

展示会場のFALLさんでも、展示の詳細がアップされております→FALL

先日食べ残した菜の花を瓶に挿しといたら、咲いてきて嬉しくなりました。
名前に「菜」が入っていること、前からお気に入りでしたが、最近なんだか特に嬉しく思います。お母さんありがとう。菜の花はニンニクと豚肉と炒めてパスタにしました。ベリーグッド。

200219

もうすぐ個展

こんばんは。
もうすぐ個展、ということでせっせとはんこを彫る毎日です。
今回は3年前の個展でやりました旅の思い出冊子の第二弾をやろうとしております。
前回の展示のブログ記事はこちら→
評判が良い展示でしたので、終わってからも継続してやりたいな〜と思い、旅をしてはせっせと日記を書いたりしてたのですが、はんこの制作がとても間に合わなそう、ということで去年の九月に旅した高知と尾道の話を中心に展開する予定です。
さきほどDM入稿しましたのでこちらにも載せておきます。

背景の木版画はさっき彫って刷ってスキャンしました。ホヤホヤのDMです。
このスピード感からも追い込まれていることが伝わりますでしょうか・・・。

omoteura

今回は木版画も混ぜ込みたい!と思って色々考えております。
楽しんでもらえると良いなあ〜。
前回の「遊覧記念」の冊子はなくなってしまったので、合わせて増刷する予定です。
あと「まめ太郎と猫」もなくなっちゃったので合わせて増刷します。
販売用のはんこもご用意する予定なので、お楽しみに!

DMの送付は基本的には去年お越しいただいていて芳名帳にお名前ある方のみにお送りしてます。ご希望の方はお知らせくださればお送りいたしますので[CONTACT]からでもツイッターからでもインスタグラムからでもお声がけくださいませ。

kougeikan

先日行った竹橋の工芸館。なくなっちゃうとは知らず・・。結局3回くらいしか行けなかった。かっこいい建物でした。

ではでは。

 

あけました

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします!

昨年は絵本を作ってみたり、木版画を頑張ってみたり、久しぶりにコミティアに出てみたり、と制作面で新しい流れがあって、バタバタ慌てて行動し続けてたら終わってた気がしますが、楽しい一年でした。

今年も、色んなものを作っていきたいです!

初詣に三回行くことになったのですが、5日に行った井草八幡宮では猿回しが拝めました。

そして、参拝客の自転車に置きっ放しになっていた惣菜を持ち去るカラスとすれ違い、驚きました。

参拝に来たのに動物園に来たようなお得な気持ちになりました。持ち去られた方は正月早々落ちこまれたでしょうが…。立派なヒレカツだった…

おみくじは凶でした。

ですが、「あきないは木や紙に縁があるよし」とピンポイントで描かれていて気分が良かったので、そのことを胸に今年も木版画がんばろうと思います!

お付き合い頂けましたら幸いです。

『捕まえて食べたい』

玉置標本 さんの新作同人誌「捕まえて食べたい 」の挿絵などを担当しました。

以前玉置さんが自身のブログを編纂して自費出版された「捕まえて食べる」という本の時も挿絵を担当しました→(タココシェさんでの紹介文

その後、新潮社さんで出版されたこの本の続編、という形、なのかな?たぶん。
「捕まえる」のも「調理する」のも試行錯誤してうまく行った時が楽しいな〜というのが追体験できるような読み物です。

お爺ちゃんたちに「へぼつけ」というハチの捕まえ方を教わる回が特に好きです。
何十年もかけてものすごいやり切ってる遊び。今回は、以前よりも人に教わったり一緒にやったりしてる様子が多かったような印象…。
玉置さんの文章が面白いので、どんどん絵が描けて楽しかったです。

シャコが難しかった。特に正面。(背表紙のイラストです)
今回はiPadで描きました。前のと見比べるとなんか描く範囲が広くなって挿絵っぽくなってますね。それで良かったのかはさておき。デザイナーさんがいい感じにまとめてくださっていて嬉しいです。表紙右上のやつ、なんか綺麗だな〜、お花かな?と思ってよく見るとアメフラシ。親しみやすいデザインだけどなんか変、というところが好きです。

本日(晦日)のコミケが初売りのようですが、その後、各地でイベントや委託販売、通販もされるようなので、玉置さんのブログをチェックしてみてください→

はちみせで取り扱いが始まりました

11月27日から土屋遊さんがやってる「はちみせ」というwebshopで作品の取り扱いが始まりました。

https://83s.shop/

ポン豆ヤ作品の紹介ページ→

土屋さんとは私が10代の頃からのお付き合いで2009年には一緒にヤンキーをやったりしました→#ぶらり荒川ヤンキーの旅(黒いヨガパンツでヤンキーをやっているのが私です)

まるで親戚の人みたいな感覚なので、改めて作品について丁寧に紹介してもらうと照れ臭いような気持ちになりましたが、とても嬉しいです。

ほかにもイスクラさんの本とかイカタコ本とかなまはげの栓抜きとか編みタコのオブジェとか雑多でかわいくておしゃれでちょっと変わった一品がいろいろ。ポン豆ヤ好きな方は好きなものが見つかると思われますのでぜひ遊びに行ってみてください。

土屋さんありがとうございます!

IMG_7684

カレンダーの通販始めます

遅いくらいですが、2020カレンダーの通販始めます。

ポン豆ヤ商店からどうぞ

2020カレンダー(コピー版)

2020木版画カレンダー(原画・マット付き)

半年間、版画教室で学びつつ制作した木版画とリトグラフで作りました。出来はまだまだですが、色々挑戦しながら制作しました。

コピー版の方についている表紙の切り株は木版で一枚一枚刷っています。この表紙、思いつきで1時間くらいで彫って刷って作ったのですが、前はできなかった重ね刷りや木目の出し方が自然と身についていることに驚き嬉しくなりました。
こうなりたかったんだよ〜(涙)となりました。

木版画カレンダーの方は何枚か販売できる出来のものがあるので、もし売り切れたとしても追加できると思いますので、またショップを覗いてみてください。

 

カレンダー、次作るときは文字の部分は別で…。絶対に別で作ろう!と思います。
彫るのはなんとかできても、刷りで文字に見えるようにならないことが多く、苦労しました。
途中からリトグラフという版画手法で刷れば、彫るよりもずっと楽だし文字も読みやすい、と気づいてそっちに移行しました。1−2月、9−10月、11−12月は文字がリトグラフになっています。特に、9−10月は文字と人物、影などもリトグラフで表現しているのでその辺もお楽しみいただけたらと思います。版はダーマトグラフというクレヨンのようなもので描画して作っているので、その質感が出ていると思います。
リトグラフといえば、自分の中での憧れの作家さんはみやこしあきこさんなのですが、自分で版を作ってみて、改めて「偉業だ…」と感じました。
あとicinoriさんというフランスの版画制作ユニットの方がいて、この方々もリトグラフで作られているそうです。シルクスクリーンや銅版画など、色々な技法でも作ってらっしゃいますが。かっこよくて大好きです。
今年、日本で行われた展示に行った時の様子↓

View this post on Instagram

幡ヶ谷のパールショップギャラリーで、#icinori さんの展示を観てきました。 彼らの「ISSUN BÔSHI」という絵本を数年前にタコシェで購入してから矯めつ眇めつしていて大好きな作家さんなので、展示が観れるなんて嬉しくてコーフンしました。 今年の展示の「まめ太郎と猫」も、棚に飾ってある彼らの絵本を見て思いついたものです。 「ISSUN BÔSHI」のジクレー版画も販売されていて、絵本とはまた違う味わいで購入してしまいました。むかーし作品展で使った額に入れて玄関に飾ってます。 テンション上がる! 嬉しいよ〜〜 ルイヴィトンに売っているというトラベルブック(展示会場では売り切れていました)も近々買いに行きたいです。 ルイヴィトン、入ったことない… それにしても初めて幡ヶ谷に行きましたが、とてもいい雰囲気の町で、住みたくなりました。都会の下町感。 #888books #版画

A post shared by ポン豆ヤ (@penpehe) on

カレンダー展始まりました

カレンダー展始まりました!

本日から高円寺ノラや @kouenjinorayaさんで始まったカレンダー展に出展してます。 半年がかりで作ってた習作木版カレンダーを展示販売させてもらってます。卓上タイプのレーザープリント版も作りました。原画を見せれるのはここだけになりそうなので、お近くの方はぜひ!

2020カレンダー展 
会期:11月17日(日) 〜12月14日(土)
場所Kitchen Bar ノラや kitchenbar.noraya.jp 
営業時間:17:30〜25:00
住所:東京都杉並区高円寺南3-69-1 
TEL:03-3310-2020

カレンダー作りの苦労話などはこちら→11/18の日記

キッチンバーノラやさんはお手軽に飲める気安い飲み屋さんです。
高円寺のガード下でありつつ、ガード下の店とかは緊張するタイプの人(私)でも居心地良いお店。
「もつ餃子」というメニューが新たにあって会期中に絶対食べに来ようと思いました。
ビールに合うおつまみとのこと。
こけしのペンたてかわいいです。

搬入終わり、駅に向かって歩いてたらむげん堂が無くなっててショック…。
ここもどんどん変わっていくんだなあ、と思った帰り道でした。

秋旅2019

毎年恒例の秋旅へ行っていました。
旅行へ行くと早寝早起きすることになるので、必然的に体がリセットされます。
帰ってきてからもなんとか7時起き23時就寝が叶っています。続けたい!

旅先から毎日インスタグラムで日記をアップしてました。

最近日々の出来事をスタンプ風にまとめてみる絵日記をやっています。

よかったらみてください!

View this post on Instagram

昨日は、#遊山ゲストハウス をチェックアウトした後、荷物を置かせてもらい、朝から志賀直哉旧居へ行ってみた。尾道とは違って部屋が20個近くある大豪邸であった。楽しかった。窓から見える景色が絵のよう🖼。茶室の茅葺き屋根のコケに花が付いていた。誰もいなかったので貸切だった。 近くの駐車場に「奇跡の楽園奈良公園」という記述があって良かった。ほんとに奇跡。 12時にご飯を食べる約束があったので、それまでにならまちをブラつくことにした。 通りかかった履物屋さんで、草履を買う。着物に合わせる履物が無く、ずっと探してたので買ってしまった。歩きやすそうだから嬉しい。 そのあと、風の栖で3ヶ月に一回のマルシェをやってて、美味しそうなパン(#おへそパン )を新幹線での晩御飯用に買う。 昨夜、買いすぎたお土産などを箱に入れて自宅に送ったところなのに、重いものをまた買ってしまった…と反省しつつも後悔はない。 その後 「だんだん」さんで蕎麦。四角豆?みたいな名前の天ぷらを初めて食べた。とても美味しかった。カボチャの天ぷらも分厚い、のに柔らかい。すごい。 奈良と京都のスタバをハシゴし(駅前でちょっと話すとなるとスタバしか見つからないのだった)新幹線で帰宅。 途中、掛川駅でラグビーの試合をみた人たちがたくさん乗ってきた。 驚いたのは皆さん軽装で、手ぶらだったこと。 自分は新幹線で出かけるなんて大ごとだが、ラグビーファンの人たちにとっては山手線みたいなものなんだなと思ったら。旅の終わりの寂しさが少し和らいだ。 #日記スタンプ #奈良 #志賀直哉旧居

A post shared by ポン豆ヤ (@penpehe) on

コミティア129!

ながらく更新しておりませんでしたが、木版画彫ったり、コミティアに参加したりしておりました!

コミティアでは「夏の家」というおばあちゃんの家の想い出を描いたイラストと文章をまとめたカード集を販売いたしました。

現地で気に入ってくださった方、ありがとうございます!

イベント前に更新しないとかHPのブログであり得ませんね…。SNSに頼り過ぎてるなあ、と反省しております。

夏の家はこんな感じの出来栄えです。

webショップで販売も始めましたので気になっていた方はぜひご利用ください!

ポン豆ヤ商店「夏の家」