雨の奈良慕情

ポン豆ヤブログ

雨の奈良に来ています。

今日もかなりの豪雨。。

定番の宿にしている「遊山」ですが、そこの本棚で発見した「奈良旅ちょこっとアドバイス」(フルコト社)という本に載っていたアドバイスにきらりと目が輝きました。

「雨の日の楽しみ方」という文章を発見したのです。

『私がよく訪れるのは入江泰吉記念奈良市立写真美術館です。写真家・入江泰吉さんが約半世紀に渡って撮り続けた奈良の風景写真を約8万点も収蔵・保存・展示しています。()とりわけ雨の日におすすめなのが、ハイビジョンギャラリーです。()「雨があがったらここへ行こう」「こんなステキなところもあったんだ」と美しく切り取られた奈良の風景にその魅力を再発見するのもしばしばです。』 _____________________________________________コトナラ「奈良旅ちょこっとアドバイス」

なるほど!行けないならば写真を見よう!とはベストアイデア!と思い立ち、このほかにもオススメされていた秋の花が見頃の般若寺へ行くことにしました。

結果大正解だった訳ですが、その様子はツイッターでリアルタイムで呟いていたのでリンク貼っときます。

ポン豆ヤツイッター→

般若寺から写真美術館へ向かう途中「ミジンコブンコ」さんでカレーをいただきました。

ミジンコブンコさんは本が盛りだくさんのカレーの美味しい喫茶店です。

小説も雑誌もマンガも絵本もあります。

暮らしの手帖が相当古い号までバックナンバーがあり、カレーを待ちながら読みました。

1977年の築地魚河岸で働く男性の1日を追った記事がとても面白かったです。数年前に競りを見に行った時のことを思い出しました。スーツを着て出勤しているのが意外でした。ドキュメンタリー映像でなく、記事で見るのがなんか楽しい。昔の雑誌は面白いなあとおもいました。今の雑誌も30年後には面白いのだろうなあ。

本日は、遊山のお弁当看板を作ることになっています。

なんと遊山は、宿の玄関横に「清すく」と命名したスペースを作り、そこで奈良駅へ向かう通勤の方や近隣で働く方向けにお弁当やお菓子を販売しているのです。

おとといから始めたそうです。

現在販売しているのはミジンコブンコさんのカレー弁当とsomi さんの砂糖を使わないグラノーラ。

宿の入り口は引き戸があるし、泊まりでないお客さんはなかなか入りにくいのでは。。ということで分かりやすいように看板をぶら下げることになったのです。

がんばります!

その前に春日大社が創建記念日らしいので行ってこようかな、と思います。

木版画再挑戦

ポン豆ヤブログ

10月から木版画教室へ通うことにしました。

以前、木版画の作品をいくつか作ったことがありましたが、どうも刷り方が悪いな…と感じたり、作業場の混乱具合を想像すると、再挑戦がはばかられてました。

心機一転、教わりながら工房も借りたいな…と思って探していて、見つけた工房へ、体験入学してきました。

手入れされた道具で彫るとこんなに彫りやすいのか…と思ったり、他の方の作品を拝見させてもらって美しい色に感動したりしました。

木版画、楽しいな。

2時間で下絵〜彫り〜刷りまで終わらせるとのスケジュールだったのですが、5枚も刷れました。先生に教わりながら、一版の上で二色をぼかし刷り?したり、カーボン紙を使って試し刷りをしたりと、大変ためになりました。

次は大きい作品作りから始まります。小さいものばかり作ってたから緊張しますが楽しみです。

初モーションピクチャーアニメ。

ポン豆ヤブログ

4日かかって、できました!

気軽にできて楽しかったですが、クリエイティブクラウドに入ってないので、あと2日でお試し期間が終わってしまいます。

家人に教えてもらった、「手をなくした少女」という映画が非常に気になってます。

セバスチャン・ローデンバックさんという方、砂を使ったアニメなども作っていて、すごくワクワクしました。アニメ楽しいな。

 

Aeというソフト

ポン豆ヤブログ

先日、すてきなモーショングラフィックスアニメを観たので、モーショングラフィックスというものをやってみたい!と思いお試し版の「After effects」というAdobeソフトを入れて観ました。

最初は複雑なウインドウに「これはむりかも。。」と思いましたが、動かし方の法則が分かってくるとそれなりに動かせるようになって来ました!

今はiPhoneで撮ったムービーにアニメを載せてみようとやってみています。

しかし動画作りのセンスが自分は全然なくて、学校に行ってみようかなあと考え中です。

こどもの練習

ポン豆ヤブログ

「昭和のこども」という素晴らしい写真集があります。

なんかいま見る子供より笑顔が破裂してる写真が多くて楽しい写真集です。白黒の力なのか?昔はカメラで撮られることが珍しくて嬉しかったのか?大体子供たちで遊んでる最中の写真だからか?

こどもの写真見てると絵が描きたくなります。

手足をのびのびさせているから、また、それが軽やかに見えるからかなと思います。

まん丸な頭もかわいいし。

グッドモーニング

ポン豆ヤブログ

8/3にロロという劇団の「いつ高」という架空の高校の生徒たちが交錯するシリーズものの演劇の第6回『グッドモーニング』という劇を観てきました。第2回以外は全部観ています。

今回は女の子のキャラクター2人だけが出てくるお話でした。見逃している第2回に出てきた女の子が登場していたので、第2回を観てないことを後悔しつつ、観劇しましたが、どの回から観ても楽しめるのは分かっていたので楽しみでした。

変わり者女子高生2人が徐々に心を通わせていく様子に心震えて気づけば号泣していました。

観終わった後、しばらく感動の余韻が残ってボーッとしたのは何年振りだろう。演劇の力ってやっぱすごいなあ、と思いました。

良いもの観させていただきありがとうございます!尊いってこういう時使うのかな。

公式サイト→

パレットクラブに行ってみたい

ポン豆ヤブログ

img_0799最近、イラストを描くことについて試行錯誤を繰り返しています。HPの作り直しもその一環です。

10年以上ハンコを彫ったり、運良くイラストのお仕事をいただいたりして来ましたが、はっきり自分の作品をイラストレーションとして意識して描いたことはほぼ無いなあ、というのが実感です。毎年やっている個展も、雑貨を所持する事の楽しさが半減してきたせいかモチベーションが低く、毎回反省することばかりです。

ふと、課題をもらって絵を描いて、それを見てもらって意見をいただけるということができる夢のような場所がないだろうか、ということを思いました。そこで思い出したのです。パレットクラブ。

パレットクラブの存在は知っていました。通ってる方々と知り合うことが多かったからですが、自分とは縁のない世界だなあ、と漠然と考えていました。はんこを彫り始めた頃は、「はんこ表現でイラストレーションを作る」というより、はんこそのものを作って遊びたかったからです。基本的には今もその気持ちを大事に思っていますが、ときたまイラストのお仕事をいただく時にやればやるほど自分の力不足を感じる事が多く、もやっとします。もっと成長したい、といつからか思うようになりました。

セツモードセミナーに通っていた頃に、イラストレーターとして仕事をするには自意識が大事ということを周囲の人々から感じていましたが、なかなかその自意識を育てられず、現在に至っている気がします。

たくさん描くしか無い、というのはなんとなく分かっているのですが、日々の雑事やアルバイト、毎年の個展やはんこ制作に明け暮れている中で、自分のイラストレーションというものを模索する時間を作るためには、「強制的に描く」状況を作り出すしかないと思いました。

しかし思い立ったのは真夏。募集は春だそうです。それまでこの意識保ち続けていられるか、それが一番問題かもしれない。

とりあえず、目下次回の個展へ向けて計画を練っております。良いお遊びになるといいな〜