入稿終わりました。

ポン豆ヤブログ

そしてやっとExtibitionコーナーに展示情報アップしました。→展示情報

入稿というのは、絵本の入稿です。
紆余曲折あり、なかなか時間がかかりました。
プリント

うまくできるかな。
今回久しぶりに写真を色別に分けて刷りの依頼をしてみました。こんな風になったらいいけど、うーん。心配。

明日から張り子づくりやはんこの入れ物づくり、はたまた展示用にするはんこたちのあれこれ。。頑張ります!

DMできました

ポン豆ヤブログ

さきほど、DM入稿しました!

DMができると、どういう展示しようとしてるのか自分でようやく実感できます。

全然できてませんが…。

以前作った旅の冊子(→●こちらの「遊覧記念」という冊子)と同じサイズの絵本を作る予定です。中身はモノクロなので絵本ぽくならないかも知れないですが…思案中です。
思案してる暇はありませんけども!

がんばります。

刷った原画。15枚くらい制作して4枚しかまともに刷れませんでした…。
細かい図柄は検討が1ミリずれただけで大変です。
大雑把な性格のくせに、分不相応なことやっちまったと反省。
見当用の木枠を早急に導入しなければ。
とりあえずなかったのでダンボールでしのぎました(しのげてないけど)が全然直角じゃなかったり隙間が空いちゃったりで見当の意味が全然ないのでした。

でも色味はかわいくなったので満足です。ボカシとかも使いたい!

img_4331

 

消しゴムはんこの彫り方

ポン豆ヤブログ

個展のために、毎日3個ずつハンコを彫る、というのを1月、2月の目標にしていますが、早くも2個、1個…と減りつつあります。

今朝彫ったハンコがなかなか苦労しましたので、その様子をまとめてみました。

試し押し見ながら、どこを、何考えながら彫ってたんだっけ…と思い出すのは彫った直後でないと忘れるので貴重です。というか時間が立つと細かい部分はほとんど違いが分からないです。結局その時、その時の自己満足で彫っているんだなあ、ということがよく分かりました。あと、最初の粗彫りをどんだけ粗くしとくかにもよるのかな。消しゴムはんこは柔らかいので最初からかなり細かく彫れるので、本当に粗いなあ、という粗彫りはなかなかできないです。写した線も一回試し押すたびに消えていくので、なるべく最初に出したい線を思い描きながら彫ることが肝要です。

簡単メゾチント?

ポン豆ヤブログ

木版画教室に通いはじめました。

木を彫るコツが分かってくると、型ぬきみたいで気持ちが良いです。

しかし一転、刷りは大変です。なかなか思うような色味が出せない。色彩設計が大事なんだなあ、と痛感します。

それとは別に、彫りの途中でニュアンスを確認するためにカーボン紙を挟んで紙に版を押し付けて刷りとる方法があります。そのカーボン紙を通して写し取られた感じがなんとも言えず、いんです。銅版画のメゾチントっぽい雰囲気というか…。

ただ、3センチ四方を越えるベタを刷りとるのは結構紙を擦らないといけないので疲れますし、微妙な質感は押しすぎることで潰れてしまうので注意が必要です。あくまで雰囲気を楽しむものなんだな、という実感です。

が、小さいのならいけるんでは?と思い、1.5×3センチくらいの人型などを彫り色鉛筆や筆ペンで色付けしてみました。

なかなか気に入っています。